「平凡とういう非凡」

馬場俊英

1967年3月20日生まれ

1996年メジャーデビュー

2001年より自主レーベルでの活動に移行、ライブ活動を中心とした地道な活動が実を結び大阪を中心にブレイク。

2005年メジャー再始動

2007年紅白歌合戦に出場「スタートライン〜新しい風」を歌う。
デビュー15周年を迎えた2011年、音楽プロデューサー須藤晃と出会い、共に制作活動をスタート。

ライナーノーツ

● 平凡

昨年春にTVドラマの挿入歌として尾崎豊さんの「僕が僕であるために」を歌うことになり、須藤晃さんと初めて一緒に仕事をさせていただきました。その作業自体は数日で終わったのですが、せっかくの縁がこのまま終わってしまうのもなにか物足りないなと感じていました。その後、初夏の頃になって、須藤晃さんともっと何か深く関わって共同作業をしてみたいという思いが高まり、個人的なレベルであらためて連絡とらせていただきました。何度かメールを交換したり、電話で会話をしたり、事務所に遊びに行ったりして世間話などをしていましたが、夏が来た頃に一緒にスタジオに入り曲を作ってみることになりました。曲のタイトルはそれまでのやり取りの中で「平凡」と決めていまた。僕自身もこの数年間の音楽活動で暮らしの中の普通の光景を歌ってきた経緯もあったし、2011年の夏の頃、普通の人が持つ力を何か今こそ歌ってみたいと感じてもいました。スタジオに持っていったのは簡単なコード進行と歌詞を書き殴ったノート。そこから二人で歌詞をまとめ、メロディを作り、ギターやベースを弾きながら、出来たそばからすぐにその場でレコーディングをしていって、曲作りからスタートして3時間後にはデモテープが完成しました。その3時間は僕にとって本当にエキサイティングな時間でした。何のためでもなくただ自分が良いと思うことをやりたいように自由にやる。それだけ。そんな、懐かしくもあり新鮮でもある3時間は、その時の僕にとって革命的でもありました。そのときに生まれた音源は「平凡DEMOSESSION 20110817」として昨年秋のライブ会場で販売をいたしました。そして、昨年のツアー「平凡なヒーローたちによろしく」でも「平凡」を演奏しましたが、ライブ用に作った「平凡」のイントロダクションである「わるもの」が、曲本体と一体化して新たなる「平凡」となり今回のEPに収録されました。ここから何かが始まる。そんな予感を僕に与えてくれた曲です。

● 幸せのウェイティングリスト

この曲はタイトルから作りました。まずタイトルのアイデアがあって、その段階でもう出来上がった感覚がありました。歌詞とかメロディはどうにでもなるなと思ったので楽しみながら作ろうという感じで進めていって、まず歌詞を半分くらい書きかけたところでギターを持ってメロディも作ってという作業でした。須藤さんからは、「<平凡>みたいなところからどっちかに振れるとして、こういう方向に行くのが馬場さんなんだね」って言われたのを覚えてます。須藤さんはたぶん忘れていると思いますが。根が明るいというか人生をこういうふうにポジティブに考えているんですねって言われて、ああそうなのかなあって思いました。 ところで、今回のレコーディングは1月にバンドメンバーがスタジオに集まってスタジオライブのように録音しました。今回のレコーディングは僕が自宅で作ったデモテープの主要なトラックを生演奏に差し替えてベーシックなリズムトラックを作り、それをまた自宅に持ち帰り、ふたたび僕のエレキギターやキーボード等をダビングをしていくやり方でした。これまでのCD制作ではデモテープはあくまでもデモテープで完結して、本番のレコーディングは、また1から仕切り直して制作をすることが多かったのですが、今回は「最初のデモテープを完成させる」というようなニュアンスで、曲のアイデアが生まれた瞬間から完成までが地続きになっているところが、個人的には今までの作業と大きく違う部分でもあり重要な部分でもあります。ボーカルに関してはプロデューサーの須藤晃さんが1テイク主義なので、練習も含めて3テイクまででやっています。なのでボーカルのダビングはあっという間に終わるようになりました。作曲や作詞、楽器のダビングや、コンピューターのプログラムなど様々な作業が日々の中で混沌として進みながら曲が生まれていくという感じで、おもちゃ箱のような毎日が充実していま した。

● 吊り橋

「吊り橋」はTOMI YOさんにアレンジしていただきました。昨年春に「僕が僕であるために」のアレンジをしていただいたのが出会いです。そのときのペダルスチールのちょっとレイドバックした感じがありながらストイックな雰囲気のアレンジが好きになってTOMIさんのことをもっと知りたいと思い彼のソロアルバム「Do Touch Cheek」を聴きました。これですっかりハマりましてファンになりました。このアルバム素晴らしいのでぜひ聴いてほしいですが、こんなエッセンスを今回のEPにとの思いもあってアレンジを依頼しました。TOMIさんは「吊り橋」のアレンジを何パターンか提示してくれまして、最終的に選んだもの以外にもすごく好きなものがあったのでものすごく迷いました。僕が曲を作ったときはもっとストレートなコード進行でしたがなんともえいない世界観を広げてくれました。曲のほうですが、まだ「平凡」が出来る前の昨年5月〜6月頃に須藤さんに連日曲のアイデアを送っていたのですが、この曲はその中のひとつです。たぶんこれがいちばん最初に「いいね」ってなったメロディだったと思います。歌詞では、古くなって時代遅れになってしまった自転車がサヨナラと言って肩を落として部屋を出ていく箇所が好きですね。自転車の肩ってどのへんかなとか笑。「ザマをみろ バチアタリメ」。もしも大切な人を突然失ったら、やはり多くの人がこんなふうに、何故もっと大事にして来なかったか、何故もっと考えようとしてこなかったかと自分を責めることでしょう。「吊り橋」。当たり前に思える日常も、確固たるものだと思える居場所も、失くしてみて気づく。平凡とはなんと壊れやすく不確かなものだったかと。僕達は今日も吊り橋を渡っている。

● オオカミの歌

もう一度生まれ変わったら自分になりたいかと聞かれたら、またこの人生をやるのかと気が重くなることもあるけれど、自分に生まれ変わらなかったら出会えない人がいると考えた時、やはりもう一度自分になりたいと思う。自分をやめることができないとしたら。自分を終わりにすることができないとしたら。何もかもを変えることができないとしたら。やはり自分と付き合っていくしかない。善かれと思って取り繕い、期待に応えたいと背伸びをし、役目を果たしたいと飾り立て、良くなりたいと無理をする。それでもすべてが裏目に出てやりきれない夜がある。人を責め、人を嘆いてもやがてすべてがまた自分に返ってくる。仕方がないんだとあきらめて受け入れて、もう一度歩き出そうとするとき、新しい夜明けの歌が聴こえてくる。どうしてもやりきれなくてそれでも飲み込んだ思いをせめて、どうぞ心から叫んでくれ。君のオオカミの歌が今日も遠い街から聴こえてくる。がんばれ、がんばれと、僕は言いたい。がんばれ、がんばれと。レコーディングはバンドメンバーとともに。スタジオライブさながらの1テイクで決まりました。山本公樹さんのSAXがまるでオオカミの叫びのようにスタジオに響き感動をしました。エンデイングはどこまでも続いていく旅のイメージです。


PAGE TOP


EP1〜平凡

馬場俊英「EP1〜平凡」

01 平凡

02 曲名幸せのウェイティングリスト

03 吊り橋

04 オオカミの歌

Amazonで買う iTuneStoreで買う

PROMOTION VIDEO

DVD『実録・平凡2011〜2012』より「平凡」ライブバージョン
*LIVE会場限定販売

「平凡 DEMO SESSION 20110817 馬場俊英 x 須藤晃」
プレPV前編
*LIVE会場限定販売

「平凡 DEMO SESSION 20110817 馬場俊英 x 須藤晃」
プレPV中編
*LIVE会場限定販売

「平凡 DEMO SESSION 20110817 馬場俊英 x 須藤晃」
プレPV後編
*LIVE会場限定販売

PAGE TOP
馬場俊英オフィシャル